読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摂食障害の原因は母親にあるのか

精神科医療 カウンセリング 雑感

「からだのシューレ」

文化人類学者の磯野真穂先生の「からだのシューレ」に参加してきました。

今回のテーマは「なぜ母親が原因に?―摂食障害歴史学」。

 

https://pbs.twimg.com/media/C8Exr4oVQAAey09.jpg

 

 「シューレ」とはドイツ語で「学校」、古代ギリシャ語で「精神を自由に使う」という意味だそうです。ゆるめの小鳥の絵がかわいい。

 

anthromap.blogspot.jp

 

摂食障害の原因は母娘の関係性にある、という言説を耳にすることがあります。実際に摂食障害の当事者からも「うちは機能不全家族だったから」といった語りが聴かれることは多いようです。

「それって本当?」と問いかけることから始まります。

摂食障害の原因はどこにあるのか

拒食症は14~16世紀のヨーロッパでは「聖なるもの」として認知されていました。それが、生物学・心理学の普及とともに「生物的な異常」「発達的な異常」「母子関係の不全」に変化し、日本では母親の関わり方に原因があるとする「母原病」として語られるようになりました。

また、日本では「子供の問題行動の原因は小さい頃に母親が一緒にいなかったことにある」という3歳児神話も、厚労省が「無根拠」と発表しているにもかかわらずまことしやかに語り継がれています。

一方、このように語り継がれるのは日本特有の現象で、シンガポールでは摂食障害が母子関係に還元されることはありません。摂食障害の問題はむしろ西洋文化やメディアからの影響の強さとして捉えられ、「母親に原因がある」といった語りはほとんど見られないのです。

この違いを生むのは何か、と考えると、「父親が働き、母親が家で家事をする」という日本特有の経済発展のあり方、文化的背景、政治的な現実が介在していることがわかります。「摂食障害母原病である」という物語はあくまで文化固有のものののようです。

 

https://pbs.twimg.com/media/C8FFWk-UwAAv9H1.jpg

文化的な物語に自分を押し込める当事者

それにも関わらず、臨床の現場では、摂食障害の当事者は文化のつくりだした「母原病」という物語を自分の物語として語るようになります。誰かに与えられた「自分が摂食障害になったのは、母の愛が足りなかったからだ。」という物語の中に自分を入れ込み、一般的な言説のコピーのような語りが生まれてきます。

そして「物語るために病気を必要としてしまう」というジレンマに陥り、出口のないループに入ってしまう、ということが起こっているようです。その与えられた物語自体が、真実かどうかを疑うこともないままに。

 

ワークショップの最後に

今を語ることは過去と未来を語ること。

過去を語ることは今と未来を語ること。

未来を語ることは今と過去を語ること。

わたしたちは常に未来への道筋を持って生きていて、それぞれの物語を持っている。病気になると、今までの物語が崩れて、過去と未来を結び直す新たな物語を紡ぐことが必要になる。

その人にとって生きる意味のある物語になるよう、人がつくった物語に乗るのではなく、自分の人生を自分の言葉で語る勇気を持ってほしい。

こんなメッセージを頂きました。

 

生き方がうまくいかないとき、わたしたちは過去の「原因」を探そうとします。母親に愛されなかったから。自分の能力が足りなかったから。あのときの選択が間違っていたから。そうすることで今の苦しみに理由を与えることはできます。

しかし、その過去の物語は誰かによって与えられた物語かもしれないこと、そしてそれは現在と未来をも語る力を持つということに自覚的でなければいけません。与えられた物語に自分の人生を支配されるのは本当にもったいないことです。

未来語りのダイアローグ

だとしたら物語を語り直すやり方には例えばどんなものがあるんだろう、と考えていて、ふと最近関心が高まっている「未来語りのダイアローグ (anticipation dialogue)」を思い出しました。

kokucheese.com

未来における望ましい状態ついて想起することで、それにたどりつくための今を紡ぎ出す。これが対話的に行われることで、現在の苦しみに対する多声的な理解が生まれます。また、未来が共有されることで対話者同士の関係性が再構築されていきます。

未来から逆算していくのはコーチングとも共通していますし、ブリーフセラピーなど解決志向・未来志向のカウンセリングでも行われていることです。「未来語りのダイアローグ」の場合には、これが対話的に行われる、ということに意味があります。

物語自体を自分で生み出すのではなく、他者から受け取るのでもなく、対話的に紡ぎ出していく。また、未来を起点にしているという点でも、摂食障害の方々が「与えられた過去の物語に囚われて動けなくなる」ということと対照的です。

「誰とともに、いかに語るか」によって、物語はいかようにも変化しえるのでしょう。

 

ちょうど、摂食障害を経て現在はプラスサイズモデルとして活躍するNaoさんの「物語」が昨日公開されていました。

率直な言葉に、本当に心を動かされます。

soar-world.com

とても苦しんだからこそ、Naoさんは本当に優しくて、輝いています。

ぜひ、たくさんの方に読んでほしい記事です。

 

今自分が生きている物語は絶対的な真実ではなく、単に社会によって与えられたものや、自分が決めつけているだけなのかもしれないこと。そしてここから、様々な自分の物語の紡ぎ直し方があるということだけでも、どこか救われる思いがしないでしょうか。

苦しいときに、自分の物語を見つめ直し、語り直すことの意義は、そんなところにあるのだと感じます。

文化人類学から見た「心の病気」のあり方は、そんな視点を与えてくれました。

 

amzn.to

 

 

あけましておめでとうございます

あけまして、おめでとうございます。

昨年はとてもとてもたくさんの方々に支えられて、1年を終えることができました。

心から、ありがとうございました。

 

cotreeというサービス名はもともとは人の心の支えとなるcotree = complement tree (補木)に由来していますが、「コトリ」という音から「小鳥?」と言われることも少なくありません。

 

酉年の今年、小鳥が親鳥に成長するように(早口言葉みたいだ)。

去年よりもたくさんの人の心を支えられる存在になるように。

みんなで、がんばっていきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

一鉢千家飯、歩々是道場

一年のおわりにとても素敵な一対のお軸と出会いました。

托鉢僧がお寺から行列して修行に出かける様子と、その後ろ姿。

ひとりひとり違う、少し間の抜けた表情や歩く姿にも遊び心があります。

そこに

「一鉢千家飯」

「歩々是道場」

という禅語が添えられています。

f:id:mari-sakuramoto:20161229084613j:plain

一鉢千家飯。

托鉢僧は一鉢のお椀だけを持って修行に出るけれど、たくさんの家からの恵みを受けながら、「おかげさま」で生かされているということ。

歩々是道場。

どんな状況であっても、いまここで踏みしめる一歩一歩が、心の持ちよう次第では自分自身を高めるための修行の場になるということ。

 

2016年は思うようにいかないこと、自分の弱さを感じることも多くありましたが、思いがけない出会いや人の優しさに救われ、変化を感じられた年でもありました。

一鉢千家飯、歩々是道場。

それにちょっとした遊び心。

 2017年に向けて、羅針盤になりそうなお軸との出会いでした。

 

今年一年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

サイト運営者の立場から見た、占いとカウンセリングの違い

カウンセリング
占いとカウンセリングは、よく比べられるところです。
カウンセラー検索サイトやカウンセリング提供サイトでも、占いやスピリチュアルとカウンセリングは一緒くたにされていることが多いですし、「悩んでいる人を対象に」「会話を通じて」「問題の解決を目指す」という点でよく似ています。
利用者から見ると、占いとカウンセリングに大きな差はないかもしれない。むしろ占いの方が気軽でとっつきやすい、ということはあると思います。
 
私自身、目に見えない力や超越的な存在は否定しないし、占いやスピリチュアルの中には本当に信憑性の高いものが存在するのだろうと思っています。迷っていた時に占いに背中を押されて新しい行動を取る、というのも十分に価値のある援助の形だと思うので、神頼みだってするし、細木数子の大殺界通告に慄いたりもします。
 
市場としても占いは圧倒的にカウンセリングよりも大きい。儲けたいなら100%占いをやったほうがいいと断言できます。ただし、サイトとしてサービスを運営する上では、私は占いやスピリチュアルは徹底的に排除したいと思うのです。
 

f:id:mari-sakuramoto:20161005220056j:plain

倫理観の線引きができない「世界観の違い」

占いやスピリチュアルでは、その独自の「世界観」の中で癒しが提供されることになるわけですが、その「世界観」というのは往々にして人智を超えた超越的な論理(あるいは論理の不在)になっていることが多い。そして一般的に理解されうる論理を超えている分、倫理観の線引きができないのが最大の問題だと思います。
 
客観的には利用者が依存的になっていたり、不利益を被っているように見えたり、効果がないように見えたとしても、その世界観の中では正しいと言われてしまえば、否定のしようがありません。「悪い霊がいなくなった」「未来が変わった」と言われてしまえば、その世界観の中でサービスを受けていた以上、何も反論することができません。
 
結果として、依存的になってしまったり、開運グッズを売りつけられてしまったり、占い師なしには決断ができなくなってしまったりといったことが起こる。そう言った悪質なものを排除する明快で客観的な論理がないのが、占いやスピリチュアルの世界なのではないか。そこが心理学を基礎におくカウンセリングとの大きな違いだと考えています。
 
従って、占いやスピリチュアルは、利用者自身が100%の責任を持って受けるべきだと私は思います。そして、完全なる自己責任の形で占いが提供される分には全く問題ありません。信頼に足る占いやスピリチュアルだってたくさんあるはずです。
 

 心が弱っている人に対してサービスを提供する責任

しかし、「心が弱っている」状態でその「100%の自己責任」を要求することは、とても非現実的なことだと思うのです。弱った人をターゲットにして、悪質なものに巻き込んでしまうような可能性は、私はサイト運営者としては可能な限り排除すべきだと思います。

 
cotreeのオンラインカウンセリングは医療にかかるほどではないけれども不調を抱えている方に対するサービスです。そして完全なる自己責任にはせず、「信頼出来る専門家をご紹介します」という形で、利用者に対してコミットしています。専門家の登録にあたっては必ず履歴書を審査し、面談を行い、信頼に足る専門家だけに登録して頂き、そこへの責任として満足保証制度も取っています。だから、cotreeでは絶対に占いやスピリチュアルはやりません。
 
一般的なものと異なる世界観や価値軸を持ち、検証可能性が低いという意味で、そこにはコミットできないし責任を取れないと感じるからです。客観的に見て「確かにこれは利用者のためになっているね」という判断ができるものだけにコミットしたいと思いますし、より適切な判断を行うために、私自身も、心理学や精神科医療に関して土地勘を持っていたいと思い、勉強をするようにしています。
 
占いやスピリチュアルにも、いいものと悪いものがある。カウンセリングにも、いいものと悪いものがある。その倫理的判断の価値軸をどこに置くかが、サイト運営者としては何よりも重要な占いとカウンセリングの違いです。一般的価値に基づいて「能力が低い」カウンセラーは「利用者満足」という指標である程度は市場原理を働かせ、サイトから排除することができます。けれど占いやスピリチュアルの場合、利用者がその世界観に巻き込まれてしまった後では、「利用者満足」に評価を委ねることが難しいのです。
 
こういうのはちゃんと伝えないと外から見てもわからないのだな、と思い、利用者向けに分かりやすくcotreeの倫理規定を公開しました。

cotreeからの約束(倫理規定) - cotree(コトリー)

cotreeに登録してくださっているカウンセラーは、人間性・技術・経験面で信頼に足ると判断したカウンセラーだけです。こういう価値を、地道に提供していきたいと考えています。

精神科医療の変化

精神科医療 仕事
「こころの病気」と「健康」の境目

私は精神科医療の外の人間ですが、精神科医療や精神病理学で語られる「人間像」「治癒」の考え方は、「苦悩とは何か」「良く生きるとは何か」についての理解を深めるうえで大きな学びになります。人間が社会の中で誰もが経験する不適応や苦悩が高まった状態が精神的な病理であるとも言え、その病理や患者の理解はそのまま健康な人間に関する理解につながります。

つまり「こころを病んだ状態」と「健康な状態」は二分法で語られるものではなく、緩やかな連続線上に位置付けられるものです。さらに、個人のこころの健康は特定の社会的な文脈なしには語りえません。

両方の意味で「個人のこころの病気」というのは境界線が曖昧なものです。そしてこころの病気との接しかたは、社会における人間の人間に対する接しかたと、深く結びついています。

精神科医療に起こりつつある変化 

そこで現在の精神科医療の状況を知るにつけ、医師の圧倒的な権威と、患者の人間性を軽視した扱いに驚かされることがあります。資源的制約・制度的限界・歴史的経緯上、結果としてそうなっているのであって、誰を責められるものでもありません。ですが、外部だけではなく、内部からもそうした精神科医療のあり方に疑問の声は高まっており、精神科医療のかたちは今、大きな変化の時期にあるように見えます。 

単に症状を安定させるのではなく、その人らしく希望を持って生きることを支援するリカバリー志向。医師側だけではなく患者側からの価値観の共有を行い、協働して治療方針を決めていく共同意思決定。治療者チームと当事者の開かれた対話によって「結果として」治癒が起こるオープン・ダイアローグ。

今広がりつつある、このような考え方は、患者を未来に向かって可能性の開かれた、関係性の中のひとりの主体として捉え直す試みです。病気を治すという観点を超えた、ひとりの人間がより良く生きるための医療という新たなかたちへの変化です。新しい方法にはまだまだリスクや不確実性もあるのでしょうが、この方向にひとのこころの治療が変わっていってほしい、と心から思います。

これは、こころの治療の変化でもありながら、社会における人と人との関わりかたの変化なのだと思います。個人の苦悩や弱さを権威によって排除すべきものと捉えるのではなく、人間の当たり前の一部として、周りを取り囲むひとたちとの対話と相互作用の中に融解させていくような。そんな社会の変化を、精神科医療は縮図として体験しつつあるように見えます。

変化に必要なこと

様々な新しい概念や取り組みの萌芽を外の立場から垣間見るにつけ、未来に対して希望が生まれる一方で、現場レベルの変化はすぐについてくるわけではないことにも気づきます。新しい概念の登場で業界が変わるように見えてから、実際に誰にもわかる変化が起こるまでには、長い時間がかかるのでしょう。

守るべきものがある人にとっては、新しいものは脅威になることがあります。そういったひとたちにも変化する理由を提供できるようになるには、様々な切り口での実績の積み重ねが必要です。

一部の勇気ある人たちが恐る恐る小さな変化を起こし、成功体験を積み重ねて、その輪が広がっていく。そのためには何度も失敗があって、批判を受けながら、無視されながら、それでも強い信念を持った人が周囲を巻き込んで活動を続けていく中で、少しずつ雰囲気が変わっていく。

社会を変えるというのは簡単じゃないけれど、傷つくことを恐れずに社会を変えようとする人の存在が必要なのだと思います。

それぞれの果たすべき役割

大きな変化を起こしたい!と考える人は多いのかもしれません。けれど実際に変化を起こし始められる人は一握りだし、それをうまくやれる人はさらに限られます。でも自分で変化を先導しなくても、ついていく人にも果たせる役割があるし、応援する人の存在も必要です。

それから「社会を変えるもの」の主体にはならないとしても、「あいだを埋めるもの」「あいだをつなぐもの」として機能することにも価値がある。

大きな変化が起こるときに、果たすことができる役割は人それぞれ異なります。

わたしたちは、他者との言葉のやりとりと安心できる関係性は、何よりも人を癒すことができると信じています。信じられる変化の方向性に向かって、少しでも力を添えられる存在でいられるように、自分たちは何を信じているのか、何ができるのかを明確にしながら、プライドを持ってやっていかなければ、と思っています。

 

心の世界は難解なので、入り口が必要だと思う

カウンセリング 精神科医療 仕事

15年前、心理学を志した大学で出会った臨床心理学・心理療法の世界はあまりにも私にとって未知の世界でした。特にフロイトユングの世界はぶっとんでいるように思え、全く理解できず、結局普通に…というか普通以上に心理の世界とかけはなれた、なんなら対極にあるんじゃないかとも思える、証券業界に就職することになりました。

こういうのを、心理学的には反動形成というのでしょうか。

※反動形成:抑圧されて無意識になっている欲求が,意識や行動に現れないよう,それと正反対の意識・行動に置き換えられる機制をいう。防衛機制の一種で,たとえば,攻撃性が抑圧されている場合には極端に親切になったりする(出所:ブリタニカ国際大百科事典)。

 

ある一定の特性を持った人にとっては、心の治療や、無意識の世界、言葉が紡ぐ意味の世界というのは、直感的に入ってきづらいのだろうなぁ、と思いますし、私はそういうのがタイプだと自覚しています。

もともとそういうタイプかどうかは別としても、普通にビジネスの世界の感覚に染まった人にとって、「心」とか「価値」とか「世界観」みたいな捉えどころのない概念はあまり日常的に縁がないことが多いのではないでしょうか。

 

ビジネスのプレゼン資料で記載しなければならないのは「価値観」ではなく「金額」ですし、目指すものは「自分にとっての意味」でなく「社会的価値」です。

それが正当化される社会にいるからこそ、「心」とか「無意識」とか摑みどころのない主観的な世界を軽視していても「客観的には成功した」生活を送ることも十分に可能になります。むしろ、そうでないと生活が立ち行かないことも多いのです。

 

心の世界の奥深さと難しさ

最近は、オンラインカウンセリングサービスを運営する中でたくさんの心理療法家にお会いすることがあります。お話を伺っていると、そこで起こっていることや語られることは本当に奥深くて、人の人生をより人間らしく、豊かにしてくれるものだと感じます。

一方で、極めて摑みどころがなくて、こんな感じでビジネス向けのプレゼンにしたら一瞬で上司に激怒されて突き返されるだろうなぁ…とか想像してしまうわけです。

その中では、認知行動療法はかなりプラグマティックで社会的価値観に沿った内容なので、上司のレビューにも合格するのかな、という印象。だからこそ、保険点数化され、医療の枠組みの中に入って、社会的に受け容れられてきたのだと思います。

さらに、利便性や実利を重視するオンラインカウンセリングサービスは認知行動療法と相性がいいので、cotreeでは主に認知行動療法的アプローチをすすめています。

最近は、オンラインカウンセリングも認知行動療法も、「実利」というみんなが理解できる入り口を提供することで、「心」と向き合うきっかけを提供するものである、と考えるようになりました。

認知行動療法をきっかけにして、自己理解を深め、より深い場所への入り口に立つ。

オンラインカウンセリングをきっかけに、最初の援助希求をし、そこからより適切な場所を探し出す。

それから、なかなか一般的には伝わりづらい奥ぶか〜い世界の中にいる人たちの言葉を「そういうのがわからないタイプの人」の言葉で翻訳してその価値を伝えていく、ということも、私たちにできることなのかなぁ、と考えたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康の実践に関しては「学者<生活者」である。

雑感

この2年くらい、オンラインカウンセリングというメンタルヘルスケアサービスを実践しながら関連分野の勉強をしてみて思ったことがあります。

「健康」「心」「生きること」に関しては、学者よりも生活者のほうが「知っている」のだなぁ、と。

 

学問は、言語を介すほかに成立しえない。でも、健康や心や生きることは、言語化できないことの重要さがあまりにも大きいのです。その場合、言語化した瞬間に、失われる知や感覚があるのだと思います。

 

わたしたちは、「この栄養素をとると良いらしい」「こんな運動をするといいらしい」という研究結果に影響を受けてしまうことが多いのですが、多くの研究は、とても複雑な要素で構成される生活場面をシンプルな構造につくりかえて、擬似的に結論を導いています。

その研究結果で得られた小さな有意差をさらに「Aは良い、Bは悪い」という白黒に単純化して伝えられるのがメディアだったりもするのです。

その単純化されたモデルのうしろがわに、本当に重要なことが隠れていることは、特に健康の分野では多いのではないでしょうか。

 

どんなに太る原因を調べて、良い栄養素をとって、ダイエットをしようとしても痩せなかった人が、ポケモンGoで歩いているうちに痩せたりする。そういう、「学問の中では定義されていない因子」が、健康や心の世界では、大きな役割を果たすのではないかと思うのです。

 

だからといって学問の知を無視せよと主張しようとしているわけではありません。

自分が、あるいは自分の身体や心が、本当は知っていることを、もう少し信じて、意識を向けてあげることから、わかることがあるのではないか。

 

そう思って、最近は瞑想を始めてみました。

自分の感覚の解像度を上げていくのは、心地よいことです。

それでもダイエットはなかなか続かないけど。

ポケモンは、レベル21になりました。